生活

加湿器で人気&赤ちゃんがいても安全に使える タイプを調べてみた!

こんにちは、ふしょみんです。

寒くなってきて、体調を崩したり、喉や肌の乾燥が気になる時期になりましたね。今回はそんな乾燥に適度な湿度をもたらしてくれるおすすめの加湿器を紹介します!また、赤ちゃんがいても安心して使える加湿器も紹介したいと思います。

 

加湿器の主な種類と効果

はじめに加湿器はどんな効果を得られるのか、そしてどんな種類があるのかを簡単にお伝えしたいと思います。加湿器は空気の乾燥を防ぐ、空気調和設備です。湿度を上げる事により風邪などのウイルスも繁殖しにくくなるメリットがあります。

内部の水分を空気中に放出することで湿度が保たれます。喉がイガイガ、肌がカサカサする秋冬にはとくに重宝しますね!

また、寒い時でも湿度が上昇することによって体感温度が上がる、という利点もあります。加湿器の種類ですが四種類あり、「スチーム式」「気化式」「超音波式」「ハイブリッド式」に分けられています。

種類別に紹介

・スチーム式加湿器 水を加熱することにより加湿するタイプです。こちらは加湿能力が高いことに加え、加熱により雑菌の繁殖を抑えるので非常に衛生的です。電気代が高く、倒さないように注意が必要です。

・気化式加湿器 ファンなどで風を送り水を蒸発させて加湿するタイプなので、やけどの心配がありません。加湿能力が小さいので小さい部屋や個人で使う場合にいいかもしれません。

・超音波式加湿器 超音波振動で水を震わせ、ファンで吹き出して加湿します。比較的、安価、小型のものが多く、消費電力が小さいものが多いです。普通の水を霧状にして吹き出すので、雑菌の繁殖が心配です。こまめな掃除、水の取り替えが肝心。

・ハイブリッド式加湿器 スチーム式と気化式、スチーム式と超音波式どちらかを組み合わせたものを指します。スチーム式の熱さを克服したタイプです。高価なものが多いです。

赤ちゃんにもオススメのタイプは?

スチーム式はやけどの心配があり、気化式は加湿効果が少ない、超音波式は衛生的に心配とくると一番のオススメはハイブリッド式です!少々高価ではありますが、やけどの心配もなく加湿効果も高いので、赤ちゃんがいるご家庭でも安心して使えます。

2017年発売の加湿器オススメ「シャープ HV-G50- Wホワイト系」丸みを帯びた四角型なので、突起物がなく安心。おやすみ自動運転搭載でおやすみ中の赤ちゃんの横でも静かに運転してくれます。また広口タンクなので洗いやすく衛生面でもばっちりです。

「ダイニチプラスHD-RX517- Wクリスタルホワイト」水や吹き出し口が熱くないので赤ちゃんにも安心!喉や肌のうるおいを守る湿度に自動でコントロールしてくれるので、敏感な赤ちゃんの肌に優しい加湿器です。持ち運びハンドルが付いているので寝室、リビングなど簡単に持ち運び可能です。

また最近ではLEDライトが点いたりアロマ対応のものが多く、リラックス効果も高い商品も増えてきていますので、機能やインテリア性はもちろん、ストレスが緩和される要素のある加湿器が人気度が高いですね!

まとめ

加湿器にも種類や特徴が様々なので、ライフスタイルに合わせて選ぶことができます。これからどんどん寒くなり乾燥してくる時期ですので、自分にあった加湿器を選んでみて下さいね!

ABOUT ME
ふしょみん
三人の子供たちの子育てをしている、ふしょみんです。子育てに関する事や、日常生活の役立つ情報などを見て頂ける方に発信していければと思います。