ふしょみんブログ
My favorite thing is...
子育て

七五三はいつ?男の子と女の子の違い

こんにちは、ふしょみんです。

そろそろ七五三のシーズンになってきました。子を思う親の気持ちはみんな同じ。ここでは気になる七五三の疑問について調べてみました。

七五三とは?なぜこの年齢なのか?

七五三は、本来は1115日に行われる行事でした。11月は、田畑の収穫を終
えた実りを神様に感謝する月であり、15日は鬼が出歩かない日、と言われ良
い日とされてきました。そのおめでたい日、1115日に田畑の収穫と子供たち
の成長に感謝を捧げ、神様のますますの加護を賜る(たまわる)べく祈るように
なったことが七五三の日の由来、といわれています。また別の話では江戸幕府
5代将軍綱吉が長男徳川徳松の健康を祈ったのが1115日であり、それがき
っかけともいわれています。
今では全国で盛んに行われる七五三ですが、もとは関東圏でのみ行われる行
事だったようです。それが京都、大阪にのび全国で行うようになりました。
またなぜ3歳、5歳、7歳に執り行うかと言うと中国からの古い思想で奇数はお
めでたい数といわれていて、それが日本にも伝わり日本では奇数を陽数、偶
数を陰数と呼び縁起の良い奇数の年に七五三を行うようにしたそうです。

また子供は7歳までは神様からの預かり物であると考えられていたようで、7
までの奇数の歳に、それまでを無事に生きてこられた感謝と、これからも幸せ
に長生きができるようにという願いをこめお祝いする日になりました。

いつ祝えばいいの?

明治時代までは数え年で年齢を数えていました。数え年とは生まれた日を一
歳とし、初めて迎える正月を2歳というように正月を重ねるごとに年齢が上がる
仕組みでした。しかし、現在では誕生した日を0歳とし、自分の生まれた誕生日
で年齢を重ねる、満年齢が用いられています。昔からの儀式では数え年で七
五三を執り行っていましたが、数え年と満年齢どちらで行えばいいのでしょうか

調べたところ七五三の意味をきちんと理解していれば数え年で行っても、満年
齢で行ってもいいようです。
昔からの伝統に乗っ取り、1115日にお祝いするのはもちろん、特別に日にちを決めるのではなく、

・家族みんなが集まる都合の良い日
10月中旬~11月下旬の大安、先勝などの縁起の良い日
にお祝いをするのもいいですね。また当日はパーティや写真館、親戚家族へ
のお礼参りなども考えていらっしゃるかもしれませんが、七五三は子どもの健
やかな成長を祈る日です。慣れない着物でいろんなところへ連れ回したりして
こどもの身体を疲労させてしまっては元も子もありません。七五三の主役はこ
どもです。一番にこどもの体調を考えて行動しましょう。

男と女のちがい

男の子と女の子で祝う歳は違うのでしょうか?
かつて七五三は数え年で男の子は満3歳と5歳。女の子は満5歳と7歳で執り
行うとされてきました。しかし地域によって細かな違いはありますし、年齢にこ
だわらずに兄弟で一回で済ます家庭もあるようです。
西日本の一部の地域では男の子は3歳と4歳と5歳の3回女の子は3歳と4歳と
7歳の3回で行なうところもありますが、
一般的に男の子は3歳と5歳の2回女の子は3歳と7歳の2回のパターンか
男の子5歳の一回、女の子3歳、7歳の二回のパターンで七五三をする家庭が
多いようです。なかには男の子、女の子ともに3歳と5歳と7歳の3回という地域もあるようです。

まとめ

いかがでしたか?このように七五三は日本の由緒ある儀式です。子どもの健や
かな成長を願い参拝をする。親の、子を思う気持ちがひしひしと感じられる素
晴らしい日本の伝統と言えるのではないでしょうか。

ABOUT ME
ふしょみん
三人の子供たちの子育てをしている、ふしょみんです。子育てに関する事や、日常生活の役立つ情報などを見て頂ける方に発信していければと思います。