ふしょみんブログ
My favorite thing is...
DIY

ベビーゲートも手作りで!すのこを使って素敵な空間に仕上げる方法

こんにちは、ふしょみんです。

毎日子育てに追われながら家事をこなすのは至難の業。。お料理の時間は特に危ないので子供が危ない場所へ行かないようゲートが必要な場合もあります。

ゲートも手作りで、かつお洒落に仕上げられるのをご存知ですか?初心者でも簡単に手作りできる用法をご紹介したいと思います。

 

ベビーゲートも手作りできるのか?

赤ちゃんがはいはいやつかまり立ちするようになってくると、目が離せませんよね。家事、育児に追われるママたちは本当に大変だと思います。

ベビーゲートもネットで見ると結構高いんですよね。私も購入を諦めた一人です。しかし、ベビーゲートは手作りできます!

ただ、なんといっても自作することでの不安は、赤ちゃんがぶつかって怪我をしないか、強度はあるか、ですよね。今回はそのあたりに気をつけながら、安価に自作できるベビーゲートをご紹介します!

簡単な作り方手順

用途別に2通りご紹介します。まずはテレビ台や触れてほしくない家電などのまわりに作成する方法です。

材料は100均やホームセンターでも買えるすのこ(必要な枚数)・結束バンド・紙やすり・補強するための木材(1センチ角)・ゴミ袋・ボンドです。

まずゴミ袋を敷いた上ですのこにやすりをかけていきます。尖っていると赤ちゃんの顔に当たったとき大変なことになるので根気よくやすりましょう!

すのこをコの字型に縦に並べ隣同士を結束バンドで固定します。ゲートの角の部分は結束バンド、またはビニール紐などで八の字を描くように巻きつけてとめると強度がでます。

すのこの裏に補強するための木材をボンドでくっつけます。これで完成です。
次は階段入り口など両側に壁がある場所で使えるゲートです。材料はすのこ・突っ張り棒・結束バンドです。突っ張り棒を横にして上と下に置き、真ん中にすのこを並べていきます。あとは突っ張り棒とすのこを結束バンドで固定していき、あとはそれを階段入り口などに突っ張って使います。こちらは比較的簡単にでき、材料も少なくすみます。あとは壁の両側にディアウォールを取り付け、結束バンドで固定したすのこを、蝶番でディアウォールに取り付けるやり方もあります。

ディアウォールは強度があります。また、ホームセンターで買えますのでこちらも利用してみてください。とにかく安く作りたいなら100均で全て材料がそろうすのこ+結束バンドがおすすめです。さらに強度が気になる方にはディアウォールですね。

 

インテリアにも馴染む

ただ単にすのこを付けただけだと味気ないですよね。そんなときには塗装がおすすめです。

あらかじめ作業前にオイルステインやペンキで塗装しておくといいですね。赤ちゃんが舐めてしまうのが心配であれば、自然塗料がおすすめです。

天然植物原料からできた環境に優しい塗料「水性アトム自然カラー」やミルクを主成分に作られた水性なのに乾くと耐水性のある「バターミルクペイント」があります。バターミルクペイントは赤ちゃんのお部屋にもぴったりの柔らかな色合いが素敵で選ぶのがワクワクしちゃいます。

またステンシルシートを使い、鳥や花やちょうちょ、英字などを絵の具をスポンジにつけて、ステンシルしても可愛くていいと思います。

 

まとめ

意外にも簡単にベビーゲート作れそうではないでしょうか?パパの手を借りたり、上の子と一緒に作ったりするのも工作気分で楽しそうですね!赤ちゃんの安全を考えた手作りベビーゲート是非作ってみてくださいね。

ABOUT ME
ふしょみん
三人の子供たちの子育てをしている、ふしょみんです。子育てに関する事や、日常生活の役立つ情報などを見て頂ける方に発信していければと思います。