ふしょみんブログ
My favorite thing is...
イベント

お盆のお供えお菓子は何がいい?正しい花やのし・飾り方やお返しの方法も

こんにちは、ふしょみんです!

夏が近づくと夏休みはどうしようか、お盆には親戚みんなで集まってお墓参りの準備などするご家族も多いと思います。
お供えのお菓子や、お花、決まりやしきたりはどうなんだろうかと悩みますよね。

今回はどんなものが喜ばれるお菓子なのかやお花などを紹介していきたいと思います。

 

お盆のお供えお菓子は何がいい?

夏なので、日持ちして常温で保存出来るものが好ましいです。和菓子や洋菓子もたくさんあって迷いますよね。
お盆のときは暑いのでジュースやゼリー、水ようかんなど気温が高くてものどごしの良い食べ物も喜ばれます。
法要の後、みんなでわけ合って食べたりで分けて持ち帰ったりもしますので個包装だと、なお良いと思います。

饅頭やせんべい、カステラなど一般的に好き嫌いが少ないものも良いと思います。
ですが購入するお店によって賞味期限が長いものやあまり日持ちしないものがあるのでなるべく賞味期限が長いものを選びましょう。

落雁(らくがん)は定番で優しい色合いが華やかにしてくれるのでおすすめですが砂糖菓子なのでたくさんの量をそのまま食べたりは出来ないので量に気をつけましょう。
また、落雁(らくがん)は華やかでいいのですが、色の濃いお菓子など派手なものはお供えには不向きなので色についても気をつけないと恥をかいてしまうかもしれないので気をつけましょう。

ですが一番は故人が好きだった食べ物などであれば派手なものでも色などにこだわることはないと思います。
最近ではデパートや百貨店だけでなくスーパーでも夏が近づくと落雁やお供え物のお菓子の詰め合わせ、果物、お花など品揃えも多いのでスーパーでも十分なものが手に入ります。

 

お盆のお供え、正しい花やのし

新盆(初盆)は白い花で統一して、二年目からは色のある花を入れるのがいいそうです。
供える花は必ず奇数の本数です。

3本、5本、7本です。仏壇やお墓には花瓶が 2 つあるのでお花も同じものを2束用意します。9本以上は仏壇やお墓には多くなってしまうので避けましょう。
仏花というと菊の花ですが、菊の花には邪気を払うという意味があるのでお盆のお供え
にもぴったりのお花です。

そして他にもカーネーション、ユリ、リンドウなどが定番です。
これらの花は花持ちもいいのでお供えに使う方が多いです。

ポイント

お花に毒やトゲ、強い香りがあるもの以外のお花ならこのお花にしなくてはいけないという決まりはありません

最近では仏花のフラワーアレンジメントもありますので、生けるのが苦手な方やお花の水
替えやお世話が困難な方にはそういったフラワーアレンジメントをお供えしても良いそうです。
そしてお供えにのしをつける場合、外のしにしましょう。
誰からのお供え物かわかるように、また故人やご先祖様に見てもらうためにも外のしです。

関東では黒白の水引き、関西では黄白の水引きと地域ごとにも違いがあるそうなので贈る相手の希望やしきたりなど知っておくといいかもしれません。
お店で購入の際は店員さんにお盆のお供えで、と言えば相談に乗ってくれたりのしについても教えてくれます。

 

正しい飾り方は?

お菓子やお花、いざ飾るときにこれであってるかな?向きはこれでいいのかな?
など思うことがありますよね。正しい向きはお菓子もお花も自分達側の向きで大丈夫です。お菓子は箱物でしたら開封して中身が見えるようにして下さい。

お花も同様で自分達の向きにしてひし形になるように長め大きめのお花を真ん中にして生けるときれいなひし形になるそうです。お花を購入すると茎が輪ゴムで止めてありますがこちらはとらなくても大丈夫です。

とってしまうとバラバラになり生けるのが難しくなってしまいます。もちろん慣れている
方はとってしまっても良いです。果物は洗ってから飾りましょう。
お皿に乗せてお供えしてもいいですし供物皿という専用のお皿もあります。そのお皿に三角に折った半紙を敷いて乗せます。
三角に折った半紙は角が自分側にくるように気をつけて下さい。

向きなど気をつければあとは心を込めてお供えして飾るということさえ守れば故人やご先
祖様も喜んでくれると思いますので感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

要点まとめ

ルールやしきたりは大事ですが、親戚の中で様々なので分からない場合は親戚の方に聞いてみましょう

まとめ

しきたりや地方により様々なルールがあると思いますが、心を込める、感謝をするというこ
とが一番大切だと思います。

普段、中々お墓参りに行けない方もお盆にはみんなでお参りに行ってみてはいかがでしょうか?

私自身、普段はお墓参りにも行けずご先祖様にも感謝を伝える機会がないので改めて行かなくてはと思いました。また足の不自由な祖母がいるので仏壇用に仏花のフラワーアレンジメントを持って水替えが苦にならないように持って行きたいなと思います。

ABOUT ME
ふしょみん
三人の子供たちの子育てをしている、ふしょみんです。子育てに関する事や、日常生活の役立つ情報などを見て頂ける方に発信していければと思います。