ふしょみんブログ
My favorite thing is...
生活

脳の血流を良くする方法とは?悪くなる原因と簡単に出来る対処法

こんにちは、ふしょみんです。

私は毎日、仕事をして副業ではパソコンをして、そして家事に育児をこなしています。こなし切れていないので「こなしている」とは言えませんね…。

日々の疲れで仕事中に考えが出てこなかったり集中出来なかったりと頭がパンクしそうな時が多々あります。今は脳疲労の時代と言われているのですが、そもそも脳が疲れる人とはどういう事なのでしょうか?脳の血流を良くして疲労改善する方法も紹介したいと思います。

脳が疲れやすい人って?

私達人間は仕事や家事、育児など毎日何かしら必要な事を行なって”疲れ”がたまっています。

またストレス発散や健康のためにスポーツをして体を動かしている人もいるかと思いますが、実はパソコンの疲れもスポーツの疲れもどちらも同じ「脳が疲れている」状態なのです。

スポーツのし過ぎで足が疲れているはずなのですが、疲労がたまると脳内に活性酸素が発生して脳から「疲れた」と信号が送られるのです。

疲れたと感じる時には風に当たったり自然を感じる事で軽減されます。また、脳の疲れの約7割くらいは視覚から来ているものなので目を閉じる事で色々なものをシャットアウト出来ます。

血流を良くする食べ物とは

血流が悪いと、体の中で作られたホルモンや栄養素が運ばれずにその結果、手足の冷えがひどくなったり風邪をひきやすくなります。

血流改善のためには睡眠をたくさん摂る事が重要ですが、日頃の食べ物からも改善が可能です。

効果的で取り入れやすい食べ物は、納豆、豆腐、青魚などがあります。野菜ではピーマンやトマトなど他にもたくさんあります。

また玉ねぎは血流を良くする野菜として王道ではないでしょうか。スープやサラダはもちろん色々なレシピと相性抜群なので積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

自宅で簡単に血流を良くする方法

では、普段の食生活で血流改善の食べ物を紹介しましたが、行動でも改善策があるのでいくつか紹介したいと思います。まずは良く噛む事です。ダイエットにも効果的とよく聞きますよね。

あごの関節を動かす事で血液の流れを助ける働きがあります。それから過度な運動は脳疲労に良くない事を説明しましたが、少しの運動やストレッチなどは血行促進には欠かせません。

自宅でゆっくりとストレッチをするだけ、軽い運動をするだけでも効果は抜群です。そして毎日続けられるとっておきの”ながら運動”があります。

それは指先を刺激する事です。テレビを見ながら10分間タオルを両手で優しくコシコシ。たったこれだけで脳への血流が改善されるのが証明されています。神経がたくさん通っている末端を刺激する事で簡単に改善出来るので、是非取り入れてみてください。

まとめ

疲労は運動でも心の疲れでも、どちらも同じ脳への疲労なのです。脳の疲れによる血行の悪さは体への不調にもつながるので、簡単に取り入れる事ができる食べ物や手の摩擦で少しでも改善していきましょう。

ABOUT ME
ふしょみん
三人の子供たちの子育てをしている、ふしょみんです。子育てに関する事や、日常生活の役立つ情報などを見て頂ける方に発信していければと思います。