ふしょみんブログ
My favorite thing is...
生活

寒暖差アレルギーの症状はじんましんだけ?解消法と予防策!鼻水や咳、のどの緩和も

こんにちは、ふしょみんです。

最近、寒くなってきてふと足を見るとブツブツがありました。蚊に刺されたような大きさのが無数にある状態です。

そしてなんだかかゆい…という症状から始まりブツブツがさらにひどくなってしまった経験があります。それって寒暖差アレルギーと言うらしいです。

私のように寒い時期に寒暖差アレルギーが出てしまう人もいるのではないでしょうか??仕事中などに症状がでると困りますよね。今回は寒暖差アレルギーの対処法や予防について説明させていただきます。

寒暖差アレルギーとは?主な症状

寒暖差アレルギー(血管運動性鼻炎)とは、非アレルギー性鼻炎の一種で、7度以上の寒暖差・たばこの煙・精神的ストレスなどで多く発症するようです。

昨日は暖かったのに翌朝急に冷え込んだ、時などに寒暖差で血管が急激に収縮し、自律神経に誤作動を起こし発症します。

主な症状は、「鼻詰まりや鼻水で鼻がムズムズ」「くしゃみがでる」「ストレスを感じ食欲がなくなる」「じんましんがでる」「頭痛」「体のかゆみ」などの症状があります。

私自身、寒い時期に鼻がムズムズする事が多かったので秋冬の花粉アレルギーかと思っていたのですが、どうやら寒暖差アレルギーでした。

日頃からストレスが溜まっていたりして、自律神経が乱れていると引き起こしやすいそうです。寒い時期だと風邪かと思うかもしれませんが、寒暖差アレルギーも疑いましょう。

鼻水、咳などの緩和

寒暖差アレルギーに効果のある根本的な薬はなく、耳鼻咽喉科で自律神経を整える薬を服用することになります。

鼻の炎症を抑える点鼻薬や、自律神経を整える内服薬を合わせて服用しましょう。

また、普段の食事の見直しでも症状を緩和することができます。

何でもバランスよく食べ、なかでも食物繊維の多い「ごぼう、きのこ、大豆」体を温める「しょうが、ネギ、にんにく、たまねぎ、かぼちゃ」お腹の調子を整えてくれる「チーズ、ヨーグルト、納豆、味噌」を食べると体の免疫力をアップさせてくれます。

また、鼻詰まりや咳が辛いときには、暖かい飲み物を飲むのもおすすめです。はちみつレモンやかりんのはちみつ漬けをお湯で溶いて飲むと、喉に優しく鼻詰まりが緩和されます。

またレンコンは皮はむかずにお料理に使うと鼻の粘膜が丈夫になるので、抵抗のない方は是非そのまま取り入れると良いかと思います。

さらに、生活習慣の改善や薬の服用でも症状が改善されない場合は、手術をする方法もあります。「レーザー治療」は、鼻の粘膜をレーザーで焼き、鼻の通りを良くします。「後鼻神経切断法」は、鼻水やくしゃみを出している神経を切断し、症状を和らげる方法です。

「鼻粘膜切除法」は、腫れている鼻の粘膜を一部切除し、症状を和らげる方法です。あまりに症状がひどい場合は手術も視野に入れてみましょう。

予防策はあるの?

寒暖差アレルギーの予防策は自律神経の乱れを整えることが大切です。規則正しい生活、充分な睡眠、適度な運動、バランスの取れた食事に加え、鼻うがいも効果的です。

寒暖差アレルギーはたばこの煙によって鼻の粘膜が荒らされ引き起こされる場合もありますので、たばこを吸わないようにすることも大切です。

ニコチンが血行も悪くし、鼻炎を悪化させます。

まとめ

寒暖差アレルギーはいつ起こるかわかりませんし、発症すると不快感を覚えますから日常的に対策を練っておくことが大切ですね!

夜型の生活をおくっている方はなるべく徐々に朝方の生活にシフトチェンジしていきましょう!

ABOUT ME
ふしょみん
三人の子供たちの子育てをしている、ふしょみんです。子育てに関する事や、日常生活の役立つ情報などを見て頂ける方に発信していければと思います。