ふしょみんブログ
My favorite thing is...
生活

育費いつまでもらえる?再婚・彼氏がいる場合や払ってもらえない時の対処

こんにちは、ふしょみんです。

この記事では子供のために払う養育費についてお伝えしようと思います。世間では養育費がもらえないという声をよく耳にします。

中には受け取りたくないからもらっていない、という方も多いのではないでしょうか。ですが養育費は子供への払う義務のあるお金です。

子供の将来のためにもお金に関する書類や手続きはしっかりと行っていきたいですね。参考になれば幸いです。

養育費とは

養育費とは、未成熟子(社会的に自立していない子ども)がいる場合、その子どもを監護や教育するために必要とするお金のことを言います。

養育費は子どもの生活を支える義務であるとし、たとえ親の生活が厳しくなってしまい仮に自己破産をしたとしても支払い義務が無くなることはありません。

子どもは勝手に生まれる訳ではなく、夫婦の合意の上で生まれるわけですから、監護する方は子どもの成長を支え、養育費を渡す方は滞納などせず、経済面でしっかり子どもを支えましょう。

養育費の支払いの話し合いは話し合いで決まりますが、話し合いが難しい場合は家庭裁判所の裁判を行う必要もあります。話し合いで決まったとしても、払わなかったりてしまう可能性もありますので、必ず公正証書にしましょう。

彼氏・再婚相手がいると払ってもらえない?

離婚後に彼氏や、または再婚した場合に養育費は受け取れるのでしょうか?

答えはYESです。養育費は親権のある親の権利ではなく子どもの権利なので再婚しようが、彼氏ができようが、養育費は受け取ることができます。

ですが、そのようなケースの時は支払者も生活的に難しくなる場合が多いので養育費減額などの交渉をすることができます。

また親権を持つ親の方も、彼氏や再婚相手ができますと経済的な援助があったり助けになることももちろんあると思います。

彼氏や再婚相手からの援助があり、元夫からの養育費が不要だと感じたなら、もう一度話し合いの場を設けていく必要があります。

あなたに彼や再婚相手ができたと同じように、元夫にもいつかパートナーが現れる可能性があり、別の生活が始まる可能性もあります。

別れたとはいえ、以前は戸籍上では夫婦であった事には変わりないので元夫の事も充分考えて取り決めましょう。

払ってもらえない時の対処法

養育費の支払いが行われない場合はどうしたらいいのでしょうか?

まず手始めに、メールや電話などの連絡手段を用いましょう。この時に「早く払って!」など、感情的になってしまうのではなく、落ち着いて連絡しましょう。

そしてこの時には必ず◯◯日までにと期限を決めましょう。

メールなどの連絡手段も無視されてしまった場合は、郵便局で発行される「内容証明郵便」を送りましょう。これは、いつ、誰が誰に対して、どんな取り決めをしたかを証明する手紙の事です。

内容証明郵便は普通の手紙と変わらないのですが、書留郵便であることや、内容証明郵便として差し出されたことを証明する記載があることなどから、かなりのインパクトを与えられます。

費用は千円ほどかかりますが、郵便局の方も内容を確認しておりきちんと受け渡されたかどうかの確認も可能です。

また仮に郵便物さえ受け取ってもらえない場合でも相手が受け取りを拒否したとして不利になってしまうので万一受取拒否をされたとしても気にすることはありません。

ですので、内容証明郵便を送られて、養育費の支払いを再開するパターンは多いようです。

内容証明郵便も無視されてしまった場合は、最後の手段である裁判所での手続きを行いましょう。

まとめ

このように養育費は子どもを監護するためにとても必要なお金ですので、養育費の話し合いは双方が納得するまで話し合いを続けましょう。

また、言った言わないで無駄な争いを避けるためにも必ず公正証書を作成しましょう。

ABOUT ME
ふしょみん
三人の子供たちの子育てをしている、ふしょみんです。子育てに関する事や、日常生活の役立つ情報などを見て頂ける方に発信していければと思います。