ふしょみんブログ
My favorite thing is...
生活

免許証の住所変更1年以上しないとどうなる?期限や罰金はあるのかも調べてみた

引越し後、免許証の住所変更をしなくてはいけないと理解しつつも、仕事なのでついつい忘れて1年以上も経ち、罰則が発生するのか不安に感じている方も多いのではないでしょうか。

通常、引越し後の免許証の住所変更は速やかに行わなくてはいけません。しかし、日々の忙しさや仕事に紛れて、そのまま手続きができていない人もたくさんいるでしょう。
免許証の住所変更をする期限はあるのか、1年以上変更しなかったら何か問題はあるのか、などさまざまな不安があります。

そこで、免許証の住所変更を速やかに行わなかった場合について、お伝えするので是非参考にしてみてくださいね。

免許証の住所変更1年以上しないとどうなる?

実は、免許証の住所変更を1年以上しなければ何か大きな問題が発生するということはありません。なぜなら、個人に対しての取り締まりがないからです。

1年以上住所を変更していない人の免許を停止させるなどは行っていないので、身の回りで不便さを実感しない可能性もあります。

しかし、免許証の住所変更をしなければデメリットの方が多いのです。以下のようなデメリットが生じるので、是非とも早めの手続きをおすすめします!

身分証として使えない
・万一警察署に出頭しなければいけなくなった時に管轄の警察署に行く

もしも、交通事故を起こしてしてしまい行政処分の対象になった、駐車違反を起こしてレッカー移動されて罰金を払いに行かなくてはいけないという場合は、管轄の警察署にいく必要があります。

管轄、というのは免許証に記載されている住所地の警察署ということです。近隣の地域であればそこまで負担になりませんが、転勤などで遠方から引っ越してきた人は大変な思いをします。

また、何かを契約する・変更手続きをするなどの場合、身分証の提示を求められるケースがほとんどです。その際に免許証は最も手軽に使えて信頼性のある身分証なので、持っている人の多くが利用します。

免許証の住所が現住所と相違がある場合、当然ですが身分証として機能せずに手続きや契約ができないです。別途料金を支払って住民票を発行してもらって、あらためて手続きをしなくてはいけないので非常に手間がかかります。








免許証の住所変更期限はいつまで?

免許証の住所変更をしなくてはいけない期限は、明確に定められていません。住所変更後、速やかに届出が必要となっていますが、実際にいつからいつまでの間というような決まりはないのです。

引越し後、すぐに変更ができれば良いのですが、平日に手続きしなくてはいけないことがほとんどです。そのため、ついうっかりそのまま忘れてしまう人もいるので、十分に注意してください。
どうしても平日に行けないという場合は、同居の家族に頼むか委任状を作成して知人に頼むなどの対応が必要です。

変更手続き自体は難しいわけではなく、免許証・届出書・新しい住所がわかる書面を提出することで終了します。手続きにかかる時間は混雑具合にもよりますが、10分〜15分程度で終わります。

罰金はある?

道路交通法121条9項にて、免許証の記載事項に変更が生じた際、変更の届出をしなかった人は2万円以下の罰金または刑罰に処すと定められています。

罰金か刑罰という厳しい決まりがありますが、実際は免許証の住所変更手続きをそれぞれしているかしていないかは把握しようがありません。そのため、1年以上住所変更をしていなくても、実際に罰金を払うよう指示されたケースは聞かないです。

この先変わる可能性はありますが、今の時点では住所変更するしないに関して、法律上で厳しく取り締られているわけではありません。

一方で、罰金よりも注意したい点があります。それは、免許証を失効させるリスクです。免許証の住所変更を行っていない場合、本来届くべき更新のお知らせハガキが手元に届きません。

転送届を出していれば時間はかかりますが、郵送物は届きますが出していなければ、知らないまま更新期限が過ぎる可能性もあるのです。その場合は、免許証が失効してしまうので、運転免許試験場などでの手続きが必要になります。

失効後6ヶ月以内であれば、手数料を支払い、講習を受けることで手続きしてもらえますが管轄の運転免許試験場に出向かなくてはいけません。同じ市内などであればそこまで問題はありませんが、全く別の都道府県だった場合は、非常に大変です。

失効後6ヶ月以上経過した場合、海外にいた・入院していたなどのやむを得ない事情がなかった場合、仮免許のみ発行されて新たに運転免許の試験を受ける必要があります。

罰金も怖いですが、万一免許証が失効した場合のリスクの方が怖いです。転送届を出していても、有効期限は1年間なので1年以上経過した後に更新時期が来た際には気づかない可能性も高いといえます。
そのため、住所変更は速やかに行うことが重要です。








まとめ

免許証の住所変更は、いつまでにしなくてはいけないという期限はありません。そのため、ついうっかり忘れてしまうケースも多いですが、免許失効や身分証にならないなどのトラブルに発展する可能性もあります。

期限が決められていなくとも、住所が変わった際は速やかに変更の手続きを行うようにしましょう!

ABOUT ME
ふしょみん
三人の子供たちの子育てをしている、ふしょみんです。子育てに関する事や、日常生活の役立つ情報などを見て頂ける方に発信していければと思います。